12月ミーティング&マッチアップ活動レポート

こんにちは!
ダイアモンドクラブ事務局です💎
今回は12/18に開かれたミーティングの活動について書いていきます♪
12月に入り今年もあと数日になりました。
今年最後のミーティングでしたが、都合がつかない方やキャンセルの方もいて3人の参加となりました!
12月は忘年会シーズンなど忙しいなか来てくださりありがとうございました😊
さて、ミーティングではNBA観戦をしました⛹️‍♂️👀
「八村塁」と「渡邊雄太」2人の日本人プレーヤーがNBAのコートに立った歴史的な試合です👏✨
同時にコートに立った時間は20秒間程で短ったのですが、マッチアップをする場面も見れました✨
代表の山口はその試合の会場になったコートに実際に行ったことがあり、会場の雰囲気についてやプレーの解説をしながら見ました。
最近話題になっている八村塁について、実際にはどうしてこんなに話題になっているのかを書いていこうと思います😌🖋
〜ドラフト9位指名について〜
ニュースでも大きく取り上げられていたので知っている方も多いと思いますが、2019年6月20日(日本時間21日)にアメリカのニューヨークで開かれたNBAのドラフトでワシントン・ウィザーズから1巡目(全体9位)に指名されました。
バスケの競技人口はなんと世界一位で、4億人もいます👀‼️

現在のNBAでは1巡目30人と2巡目30人の計60人しか指名されないため、ドラフトで指名されるということはエリート中のエリートといえます👏

単純計算にはなりますが男子の競技人口を4億人の半分と仮定すると2億人。そのうち、0・00003%しか指名されない「超」狭き門だと言えます。

八村はドラフト全体で10~20番目の間で指名されると予想されていましたが、それを上回る速さで指名されました(*´∀`)✨
実際に試合を見ていても他の外国人選手に劣らず積極的にリングに向かっていました。
同じ日本人選手の渡邊雄太選手はまだ緊張しているのが画面を通じて感じたので、NBAの舞台でのびのひとプレーしている八村選手はすごいです👏
私自身NBAの試合を1試合じっくり見ることはあまりしたことがなかったのですが、同じ日本人が出ているのでこれからはチェックしていこうとおもいます👌
また、NHKのBS1でもバスケットを取り上げた番組「熱血バスケ」が放送されています。
放送日は毎週月曜日の21:00〜21:50です。
こちらはバスケ選手をゲストに招き、プレーの解説やバスケの時事ネタを放送しています。
最近のバスケについていけていない方はチェックしていると遅れを取り戻せると思います😌
このように日本のバスケがどんどん盛んになってきています🏀✨
ダイアモンドクラブもバスケットの輪を広げて一緒に盛り上げていきます(*´∀`)✨

【お問合せ】

一般社団法人バスケットボール推進会

担当:山口、前川

[MAIL]info@basketball-pp.or.jp

 

[HP]https://www.basketball-pp.or.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です